BACK

ABOUT

お店の業務課題を
デザインの力で
解決する

  • お店での業務や経営課題を理解する。

    私たちが対峙するユーザーは、飲食業一筋の料理長兼オーナーや、週に数回だけ勤務する学生アルバイト、特定のエリアの複数の店舗を管理するエリアマネージャーなど、様々な役割を持っており、デジタルのツールへのリテラシー、人となり、日々のモチベーションも様々です。
    そんな彼らの日常を知り、業務を知るところから私たちの仕事は始まります。

    MISSION 1
  • チームで課題を解決する。

    デザイナー自身がユーザーを理解し共感することはもちろんのこと、サービスの開発に関わるプランナーやプロダクトマネジャー、エンジニアなどのチームメンバーにも働きかけ、全員がユーザーを理解し、共感できる環境を整えます。
    ユーザーの課題を解決するプロトタイプを作り、検証を繰り返します。

    MISSION 2
  • プロダクト・サービスを洗練させる。

    私たちがデザインするプロダクトは、1日に数十回、数百回と繰り返し利用されるため、ちょっとしたざらつきが日々の繰り返しの利用の中で不快感をうみます。
    特にお客様を目の前にしてお金を扱うレジ業務においては、間違えることができない緊張感と隣り合わせの中、お客様を待たせないよう、正確かつ素早くお会計の業務を行う必要があり、プロダクトのユーザビリティが非常に重要になります。

    MISSION 3

正社員ENTRY

業務委託ENTRY